ハイドロキノン化粧品ランキング!副作用の心配は?

ハイドロキノン化粧品ランキング!副作用ってあるの??

ハイドロキノンとビタミンC

 

ハイドロキノンはそれだけでも美白効果の高い成分ですが、酸化しやすい欠点を持っています。そこでビタミンCは酸化防止の役割にもなりますのでビタミンCが配合されているハイドロキノンがお勧めです。

 

そもそもビタミンCだけでも美白効果や美肌効果、肌を作るコラーゲンの生成やセラミドの生成、またニキビ予防、アンチエイジングなどの効果などなど私達の体にとってとってもいい成分なのです。ですから多くの化粧品にも使用されているのでしょう。

 

しかし、ビタミンCにはいくつか欠点があります。浸透力が弱いということです。浸透力をカバーするためほとんどの化粧品にはビタミンC誘導体が使われています。

 

また即効性にも欠けていますが、シミなどのすぐに消したいようなものには即効性が発揮されるので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ハイドロキノンの使用期間

 

肌の漂白剤と言われるハイドロキノンの効果はいつ頃判るのでしょう。市販品ではなくクリニックで処方された場合は、肌の状態やシミの状態にもよりますが、多くの人が2、3カ月位はかかります。

 

なかなか効果が出ない、もっと効果を出したいと考えそれ以上長期的に使うと肌のトラブルになりますので絶対に止めましょう。漂白剤と言われるようにこのハイドロキノンは強い刺激がある成分です。使用上の注意を怠ると肌のトラブルになりかねません。

 

2、3カ月使用したら、効果が出ても出てなくても肌の休憩をしてください。また使用は夜1回がお勧めです。ハイドロキノンは紫外線を当てると逆にシミになりますので、紫外線の少ない夜がお勧めです。

 

メイクを落としたら洗顔して肌を清潔にします。そして化粧水をつけ浸透するまで待ちましょう。その後ハイドロキノンを塗布しますが綿棒などでシミの部分のみ塗布してください。目の周り、口回りなどは使用できません。

 

また長時間の使用は肌に負担がかかりすぎますので夜使用するなら朝には洗顔で落としてください。使用し始め、数日で皮膚が剥がれ始めます。効果が出てきている証拠です。

 

他に赤みやピリピリ感が出てきますが、心配なようなら使用を中止しドクターに見てもらいましょう。どちらにしても素人判断でハイドロキノンを使用するのは少し怖いですのでクリニックへ行ってドクターの指示の下で使用したいです。

 

シミの天敵ハイドロキノン

 

ハイドロキノンはシミの原因とされるメラニンの天敵です。ハイドロキノンとは果物などに含まれる天然成分でメラニンを生成する働きを阻害し、メラニン色素を生成する細胞まで減少させるからです。

 

しかもすでにできてしまっているシミに対してまでハイドロキノンは効果を発揮しまします。人間の体は老化現象による酸化つまり錆びてしまいます。シミもそのひとつです。ハイドロキノンは酸化を押される作用の還元作用があり、元々酸化防止剤に使われていたのです。この還元作用により酸化を還元しメラニンの色を薄くするのです。

 

アメリカでは一般的な美容成分ですが、日本では作用の強い成分の為、医師の処方のもとにしか使用できませんでした。ようやく近年薬事法の緩和で化粧品にも使用されるようになりました。ところで残念ですがこのハイドロキノンはすべてのシミに効くわけではありません。

 

例えば遺伝的要素のあるシミなどには効果が期待できません。しかし、そばかすなど紫外線にあたると影響を受け濃くなる性質を持っているためハイドロキノンの作用で薄くなる場合もあります。このように表皮にできたものには聞きますが真皮のように奥深くできたものにはあまり効果を期待できません、

 

いずれにしても紫外線や老化現象によってできてしまったシミにはハイドロキノンは有効でシミの除去及び予防には効果を発揮します。気になっている人は試してみてはいかがでしょうか。

 

ニキビ跡に効果的

 

シミに効果的なハイドロキノンですが、実はニキビ後にも効果を発揮します。肌の漂白剤といわれるほど強い成分によって沈着してしまったメラニンへ直接発揮するためシミやくすみとなったニキビ跡にも効果が期待できるのです。しかし、強い成分のため使用方法に注意をしないと肌のトラブルを引き起こしてしまうので必ず使用方法を守って使用することが大切です。

 

特にハイドロキノンを使用している時は紫外線の注意をして下さい。ハイドロキノンは紫外線に当たると色素沈着を起こします。「色素沈着を防ごうとして色素沈着を引き起こしてしまっている」なんてことの無いよう気を付けましょう。ハイドロキノンを使用し外出する際は日焼け止めクリームなどを使用して外出するようにしてください。

 

また、ハイドロキノンは不安定な成分性質であるため、暗所、冷所を好みます。保管方法にも注意をして使用する時には、期限内か色が変色していないかを確認したうえで使用してください。ここでニキビ跡になぜ効果を発揮するのかということをご紹介します。

 

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素のもととなる成分の一つであるチロナーゼに作用します。その結果メラニン色素の合成が抑制され肌のシミやくすみのようなニキビ跡を防ぐのです。また、すでにできてしまっているシミやくすみのようなニキビ跡に対してもハイドロキノンの還元作用により色素を薄くすることが可能になるのです。

 

ハイドロキノンって安全なの

 

肌の漂白剤とも呼べるハイドロキノン。効果が高い分使用上の注意が必要となります。この注意を怠ったために肌のトラブルになったケースや体質が合わなかったために肌のトラブルになってしまったケースなどがあります。いくつかのトラブルをあげてみましょう。

 

体質に合わない・劣化した製品を使ったために肌が赤くなってしい、炎症などを起こしてしまったケースがあります。安定性の悪く酸化しやすいハイドロキノンは酸化する際にベンゾキノンという成分ができます。

 

この成分は肌には刺激が強すぎダメージを与えてしまうのです。こういった強い成分の化粧品を使う際は必ず使用する前にパッチテストを行いましょう。自分には大丈夫?期限は?色は正常?

 

ハイドロキノンはシミに元気を与えてしまったケースは、ハイドロキノンには紫外線によってシミを濃くしてしまう作用がありますので、ハイドロキノン化粧品をしたまま紫外線を浴びるような場所などへ行く際は、紫外線対策をきちんとしておきましょう。

 

白斑といわれる肌の一部分が必要以上に白くなってしまったというケースでは、濃度の濃いものを長期間塗りこんだために起きたケースです。濃度が濃いものを使用する際は効果があらわれた時点で中止し、長期間使用にならないよう注意をしてください。

 

以上をいくつかのケースをあげてみましたが濃度の濃さによってトラブルも多くなっていますので心配な人は濃度の低いものからチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

更新履歴