ハイドロキノンの濃度

トップページ > ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンの濃度

美白をするのならハイドロキノンがいいというのは多くの人が知っていることだと思います。ネットなどで調べたらたくさんのメーカーに濃度の種類が出てきます。誰もが早くより白くと考えているのですから自然と濃度の高いものを探しています。

 

しかし、濃度の高いものは副作用の危険性も高いということがあまり知られていないのです。ハイドロキノンは濃度が1%〜2%位でしたら肌のトラブルの危険性のほぼないので安心です。

 

しかし効果も即効性はないので長期関掛けて肌を美白していく人には向いています。
また2%〜4%位でもトラブルは少なく市販されている化粧品などにも含まれている濃度です。ピンポイントのシミを消すなどに向いています。

 

5%以上になってくると効果も即効性があり、美白効果も上がります。しかし忘れてはならない副作用の危険性も高くなります。この濃度までくると肌トラブルも重度になるケースもありますので使用する人は必ず使用方法や注意事項を守るようにしましょう。

 

しかしもしもトラブルになってしまったら早めに必ずクリニックへ行ってください。また、ハイドロキノンだけでは浸透力が低いためトレチノインを一緒に使うことをお勧めします。このトレチノインは肌のターンオーバーを促しますので効果がさらに上がります。